理念・基本姿勢

 子どもの頃に、窓から見えていた木立が、一本残らず切り倒される出来事がありました。「木は空気をつくっている」そう思っていた私は、大切なものが壊されてしまった、そんな思いにかられました。以来、綺麗な地球を大事にしたい気持ちを強く持ち続けています。

 東日本大震災が起こり世の中に不安が増す中、食の安全や環境問題、地域の力の大切さ、そのすべてに先に気づき、実行し、後から気づいた私に道を残してくれている人たちがいる事ことに感動を覚えました。

 では、自分はどうする?

生協のまちづくり活動にかかわり、地域の人たちと交流し、食材が作られる背景、生産者の熱意を学び、共有し、それを広めることが出来ました。

 環境ではマイクロプラスチックの海洋汚染、空気中の化学物質の問題、食べ物では遺伝子組み換えの食物の危険性、食品添加物の多さ。生活課題では「孤」育てに悩む親、子どもへの虐待、外遊びのしづらい街環境。多様化する介護の問題。めまぐるしく状況が変わり問題が次々と起こる中、不安は尽きません。

 ここからは私が先達の想いを引き継ぎ、区政に声を届けたい!目黒のまちをもっと住みよく、誰もが自分らしく行動・発言できるように、私は区政に挑戦します。安心して食べられること、安心して子育てできること、そして安心して暮らせること、この道を一緒に未来へつないでいきましょう。